近年の地震観測網の発達とデータ解析技術の進歩により、南海トラフを始めとする世界のプレート境界巨大地震帯において、スロー地震と呼ばれる、普通の地震と比べてゆっくりとした断層すべりによる地震が発生していることが分かってきました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について