プレスリリースより抜粋します。

『坂本雅典 化学研究所准教授、寺西 利治 同教授、山方啓 豊田工業大学准教授、古部昭広 徳島大学教授、松﨑弘幸 国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員らの共同研究グループは、赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる無色透明な材料の開発に成功しました。

 本研究グループは、赤外域に局在表面プラズモン共鳴(LSPR : Localized Surface Plasmon Resonance)を示す無機ナノ粒子を用いて、赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる無色透明な材料の開発を行いました。赤外域にLSPRを示すスズドープ酸化インジウムナノ粒子を光吸収材に応用することで、透明性(可視域の透過率95%以上)と高い赤外光誘起電子移動効率(電荷注入効率33%)を両立することに成功しました。また、本材料は1,400から4,000 ナノメートルという近赤外域から中赤外域の光に応答することが明らかになっています。

 本研究成果は、目に見えない太陽電池、通信機器、光学センサーなどの最先端デバイスの開発への応用が期待されます。

 本研究成果は、2019年1月24日に、国際学術誌「Nature Communications」のオンライン版に掲載されました。』

出典:http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/190124_1.html