ジョンソンコントロールズ株式会社は、業界で初めて920MHz帯無線ネットワークを採用し、温湿度などの環境情報を計測するワイヤレスセンサーと中央監視システムの無線接続を実現する「ゲートウェイ」を開発し、これを活用したワイヤレスソリューションを2019年2月より提供開始することを発表しました。

以下プレスリリースより抜粋します。

『 セイコーインスツル株式会社(代表取締役社長:小林 哲、本社:千葉県千葉市)と共同で開発した「ゲートウェイ」は業界で初めてオープンな通信プロトコルであるBACnet MS/TPへの接続を実現しました。これによってワイヤレスセンサーで収集した情報をBAシステムへ取り込み、エネルギーのきめ細やかな見える化を可能にすることで、省エネで快適な空間作りに貢献します。

これまで建物の温湿度などを計測するセンサーの多くが有線で接続されており、無線に対応する製品には、Wi-Fiと同じ2.4GHz帯の製品が多く使用されてきました。920MHz帯無線ネットワークは電波の回り込みに優れているため電波到達性が高く、障害物があっても安定した通信ができることから、つながりやすい通信環境を実現しながら、屋外ではWi-Fiの3倍、室内環境においてはWi-Fiの2倍にあたる30mの通信を可能にしました。

今までは、センサーとBAシステムを接続するためにはシーケンサーや電気、ガス、水道などを監視するためのリモート盤などの設置が必要でした。ワイヤレスソリューションを活用することで、複雑な配線工事が不要となり、省施工・省スペース化が可能となります。また、温湿度センサーやCO2センサー、照度、電力計量などのさまざまなワイヤレスセンサーをシームレスに接続することが可能となり、これまでよりも詳細なデータを収集することで、ビッグデータを活用した快適環境の実現と省エネ施策の立案にも貢献します。レイアウト変更や増改築にもフレキシブルに対応できるため、低コストで高効率なスマートビルを実現します。

今回使用するワイヤレスセンサーは、長寿命の電池式を採用しているため、メンテナンスの手間も軽減されます。計装工事の負荷が減り、少施工になることで、建設業界の人手不足の問題にも貢献します。

ジョンソンコントロールズは今後、セイコーインスツル株式会社と共同開発したワイヤレスソリューションを活用し、その他の設備のワイヤレス化を目指します。また、環境ソリューションのリーディングカンパニーとして、今後も技術力の高い企業との戦略的パートナーシップを通じ、革新的なアイディアと時代のニーズを先取りするソリューションを世の中に提供し続けます。ジョンソンコントロールズが行った2018年ビルのエネルギー効率に関する調査結果によると、日本企業の73%がエネルギー効率化やスマートビルテクノロジーに注目しています。AIやIoT技術を活用することで、今後もスマートビル、スマートコミュニティを世界中で実現し、より良い未来の創造に取り組みます。』

出典:https://www.johnsoncontrols.com/ja_jp/media-center/news/press-releases/2019/01/31/gateway