九州旅客鉄道株式会社と株式会社NTTドコモは、「列車の窓」を新たな情報表示プラットフォームとして活用する新体感の列車内観光サービスの実現に向けた協業協定を、2019年1月25日(金) に締結しました。

プレスリリースによると、

『本協定によって、風景に合わせた観光情報をAR技術などにより車窓へリアルタイムに表示し、タッチや声などの操作で必要な情報をインタラクティブに提供することで、お客さまの鉄道旅行の満足度を向上させるサービスの創出をめざします。両社は、XR※1(AR/VR/MRなど)や5G(第5世代移動通信システム)などといった先進技術の活用を視野に、2020年のサービス実用化を目標とした継続的な取り組みを行ってまいります。本取り組みには技術面の共同検討パートナーとして、株式会社ゼンリンデータコムが参画しています。

本協定では、列車内における新体感観光サービスの提供以外にも、お客さま自身のスマートフォンやタブレット端末と連携し、列車降車時から目的地までの観光ガイドを提供するほか、多言語対応を可能にすることで、よりお客さまへ寄り添う観光ガイドサービスへと進化させる方向性を検討していきます。

さらに将来展望として、沿線地域の活性化や社会課題の解決を視野に、地域文化や伝統工芸、特産品などといったさまざまな観光資源の魅力をお客さまへ効果的に伝えることができる、観光ガイドとしての価値創出に向けて取り組みます。

サービスの導入検証として、2019年春より、肥薩線人吉駅~吉松駅区間を走行するD&S列車※2「いさぶろう・しんぺい」の車内において、列車の走行位置に応じた観光情報をタブレット端末上で提供する実証実験を行います。 』

とのことです。

出典:http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2019/01/25/001.pdf