【北京共同】中国国家宇宙局は14日、無人探査機「嫦娥4号」が世界で初めて月の裏側に着陸したことを受け北京で記者会見を開き、今後の観測を通じ、月面の科学研究基地建設の可能性を模索すると明らかにした。

 会見した呉艶華副局長は、嫦娥5号を打ち上げて月面の試料を採取し、地球に帰還するミッションを年末に実施すると発表。さらに6~8号を打ち上げ、月の南極で試料採取や観測を行った後、基地建設の可能性を探ると述べた。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000077-kyodonews-soci