発表のポイント

  • 口腔及び歯の健康は、全身の健康に直結しているため、日々の歯磨きは極めて重要。
  • 早稲田大学と早大生が起業したGenics社との共同研究で、手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功。
  • 高齢者や障がい者、被介護者をはじめとしたすべての人を歯磨きの煩わしさから解放。

早稲田大学理工学術院の石井裕之(いしいひろゆき)准教授株式会社Genics(社長:栄田源(さかえだげん))の共同研究グループは、手による磨き動作不要の次世代型全自動歯ブラシの開発に成功しました。

口腔及び歯の健康は、全身の健康に直結しているため、日々の歯磨きは極めて重要です。しかしながら、筋力の低下した高齢者や上肢に障害のある方など、独力で歯磨きを行うことが難しい人も少なからず存在しています。今回の研究では、ロボット技術、人間中心設計技術、システムインテグレーション技術を応用して、このような方々が、残存機能または最小限の介助によって健常者と同等の歯磨きをできる全自動歯ブラシの実現を目指しました。

今回開発した全自動歯ブラシのマウスピースには、歯垢を除去するためのブラシが植えられていて、これを複数の小型電動モータによって駆動することで、歯列にそってブラシを上下左右に運動させて歯垢の除去を行います。歯列形状にそってブラシが歯の裏側を含むすべての面に当たるように設計されているため、複数の歯を同時に磨くことが可能となり、短時間で効率的に歯垢を除去します。歯垢除去率は、手で歯ブラシを動かして歯磨きを行った場合と同等で、磨き残しも防ぎます。

今回開発した全自動歯ブラシは、高齢者や障がい者だけでなく、介護者の負担も低減します。さらに、たとえば時間が無い朝に、全自動歯ブラシで歯磨きをしながら服を着替えることを可能にするなど、すべての人々を歯磨きの煩わしさから解放します。今後、実証実験を進めて、2019年度中には試験販売開始の予定です。

また、株式会社Genicsは、社長である栄田源(先進理工学研究科博士課程在学中)が本学大学院修士課程在籍時に受講した「WASEDA-EDGE 人材育成プログラム」をきっかけに起業した会社で、今回の共同研究は、本学のロボット研究とアントレプレナー人材養成教育が結実したものと言えます。

なお、本研究成果は、2019年1月8日、アメリカで開催の展示会CES(Consumer Electronics Show)で発表されました。

詳細:https://www.waseda.jp/top/news/63005