小惑星における水の存在

 小惑星とは、主に岩石からなる、直径が1000 km 以下の小さい天体であり、現在までに87万個以上の存在が確認されている。この小惑星は、太陽系が作られた約46億年前の姿をほぼそのまま残している「太陽系の化石」のような天体である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について