発表者:

野村 洋(北海道大学大学院薬学研究院 薬理学研究室 講師/東京大学大学院薬学系研究科 薬学専攻 助教:研究当時)

高橋 英彦(京都大学大学院医学研究科 精神医学教室 准教授)

池谷 裕二(東京大学大学院薬学系研究科 薬学専攻 教授)

発表のポイント:

  • 脳内のヒスタミン(注1)神経系を刺激する薬物を投与すると、忘れてしまった記憶をスムーズに思い出せるようになることが、マウスとヒトの試験から明らかになりました。
  • もともと記憶成績が悪い人ほど薬の効果が大きく認められました。
  • 本研究成果は、脳内ヒスタミンや記憶のメカニズムの解明に有益であると共に、アルツハイマー病などの認知機能障害の治療薬開発の一助となることが期待されます。

発表概要:

北海道大学大学院薬学研究院の野村洋講師、京都大学大学院医学研究科の高橋英彦准教授、東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、脳内のヒスタミン神経を活性化する薬が記憶に与える影響をマウスとヒトで調べました。その結果、記憶テスト前にヒスタミン神経を活性化すると、忘れてしまった記憶でも思い出せるようになることを見出しました。

覚えてから長時間経過すると、記憶は思い出せなくなります。しかし、ふとした瞬間に思い出せることがあるように、一見忘れたように思える記憶であっても、その痕跡は脳内に残っていると考えられます。しかし忘れた記憶を自由に回復させる方法は存在しません。一方、アレルギー関連物質として働くヒスタミンは脳内にも存在し、睡眠や食欲と共に記憶にも関わると考えられています。例えばヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬は記憶成績を低下させます。

そこで本研究グループは、脳内ヒスタミン神経を活性化することで記憶を思い出す力を向上させ、忘れた記憶を回復させられるか検証しました。マウスにおもちゃを見せて、おもちゃの形を学習させました。通常のマウスは1週間経過するとおもちゃを思い出せませんが、ヒスタミン神経系を賦活化する薬を与えると、おもちゃの記憶を思い出すことができました。この薬の働きには、嗅周皮質(注2)と呼ばれる脳領域の活動上昇が関わっていました。このデータをもとに、同種の薬物が、ヒトの記憶成績を向上させる効果があるかを38名の参加者を対象として調べました。あらかじめ参加者にはたくさんの写真を見せ、記憶テストでは再びたくさんの写真を見せて、写真を覚えているか質問しました。その結果、同薬によって正解率が上昇しました。特に、もともと記憶成績が悪い参加者ほど薬の効果が大きいことがわかりました。

本研究成果は、脳内ヒスタミンの働きやヒスタミン活性化薬の新しい作用だけでなく、柔軟に働く記憶のメカニズムの解明に貢献します。さらにアルツハイマー病などの認知機能障害の治療薬開発の一助となることが期待されます。本研究成果は、2019年1月8日の BiologicalPsychiatry 誌にオンライン掲載されました。

詳細:https://www.hokudai.ac.jp/news/190109_pr.pdf