• インフルエンザの予防に重要な分泌型IgA(SIgA)抗体(※1)が二量体よりも大きい四量体になることの意義は十分に分かっていなかった。
  • 四量体型のSIgA抗体を作製する技術を新規開発し、単量体や二量体、四量体のIgA抗体を人工的に作製することに成功した。
  • 上記技術により作製した抗体の機能を比較することによって、SIgA抗体は四量体化すると単量体では不活化できないウイルスも不活化できるようになることが明らかになった。
  • 本研究成果により、四量体のSIgA抗体を誘導できる経鼻不活化インフルエンザワクチン(※2)の作用機序の一端が明らかになり、臨床開発が一層加速されると期待される。
  • 四量体SIgA抗体作製技術は新たな抗体医薬のプラットフォームとしても応用が期待できる技術である。

概要

国立感染症研究所の長谷川秀樹部長、鈴木忠樹室長らは四量体SIgA抗体作製技術を開発し、臨床開発を進めている経鼻不活化インフルエンザワクチンの作用機序を担うIgA抗体が四量体化することにより抗ウイルス活性を増強させる機構の一端を解明しました。本研究成果は、2019年1月3日(米国東部時間)発行の「PLOS Pathogens」に掲載されます。

本研究は、日本医療研究開発機構(AMED)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業「粘膜免疫誘導型インフルエンザワクチンの開発に向けた研究(研究開発代表者 長谷川秀樹)」、「我が国で求められる画期的な新規ワクチンの開発・実用化に資する研究(研究開発分担者 鈴木忠樹)」、感染症研究革新イニシアティブ(J-PRIDE)「抗体遺伝子レパトア解析によるSFTS発症機構の探索(研究開発代表者 鈴木忠樹)」および日本学術振興会科学研究費補助金(課題番号 17K08386)の支援を受けて行われました。

詳細:https://www.amed.go.jp/news/release_20190104.html