序;

 自然界の光合成も、“カルビン回路”を形成する“C5物質”(リブロース2燐酸)に至るまで、“CO2還元・蓚酸生成”(詳細、前報(第二報)参照)を契機とする“炭酸同化作用”が進行し、“カルビン回路”からの“OUT”として“単糖類”を生成する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について