この度、名古屋大学大学院工学研究科の望月健矢大学院生、後藤和泰助教、黒川康良准教授、山本剛久教授、宇佐美徳隆教授らは、太陽電池への応用に有望な電気的特性を示す酸化チタン極薄膜を開発しました。さらに、その微小領域の構造を明らかにすることに世界で初めて成功しました。

近年、原子層堆積法を用いて製膜した酸化チタン薄膜は、結晶シリコンの太陽電池において、光で生成した電子を収集する材料として優れた特性を示すため、高い変換効率が期待されています。しかし、高い性能が得られる酸化チタン薄膜の詳細な構造が明らかでないため、さらなる高性能化の開発指針が不明確でした。

本研究では、結晶シリコンに対して優れた電気的特性を示す酸化チタン極薄膜を開発しました。さらに、その極薄膜の断面を原子レベルで観察することにより、高い性能が得られる詳細な構造を明らかにしました。本研究により、結晶シリコン系太陽電池に用いる新材料の構造設計の指針が明らかになり、太陽電池のさらなる高効率化とそれによる太陽光発電の普及が期待できます。

この研究成果は、平成30年12月19日付(日本時間20時)独国科学雑誌「Advanced Materials Interfaces」オンライン版に掲載されました。

なお、本研究は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)『高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発プロジェクト』、文部科学省科学研究費助成事業新学術領域研究『ハイドロジェノミクス』の支援のもとで行われたものです。

詳細:http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20181220_engg.pdf