ポイント

  • 細胞染色を基盤とした遺伝子発現制御情報(エピゲノム情報)解析技術を開発した。
  • 単一細胞でのエピゲノム情報取得を可能にした。
  • 開発した方法は、発生・分化・幹細胞の研究やがん研究・老化研究・再生医療への応用が広く期待される。

九州大学 生体防御医学研究所(大川 恭行 教授、原田 哲仁 助教、前原 一満 助教ら)、東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター(木村 宏 教授、半田 哲也 特任助教ら)、東京大学 定量生命科学研究所(胡桃坂 仁志 教授、有村 泰宏 特任助教(当時)、白髭 克彦 教授)の研究グループは、極めて少数の細胞を用いてエピゲノム情報注1)を取得できる「クロマチン挿入標識(Chromatin Integration Labeling:ChIL)」法を開発しました。本手法は、細胞を破壊することなしに、任意の転写因子やヒストン修飾注2)などが存在する領域の塩基配列を増幅することができるため、高感度での解析ができます。そのため、遺伝子の発現を制御する転写因子の結合位置やヒストン修飾を単一の細胞で測定することが世界で初めて可能になりました。

人体に存在する細胞は全て同一の遺伝情報を持ちますが、異なる組織を構成する細胞はそれぞれ特定の遺伝子を選択的に発現することで固有の性質を持つようになります。近年の技術革新により、単一の細胞での遺伝子発現(個々の遺伝子のRNAの存在量)を解析することが可能になっています。しかしながら、遺伝子の発現制御のメカニズムを理解するために不可欠なエピゲノム解析は、従来の手法では少なくとも数千個の細胞を必要としたため、幹細胞注3)など生体内にわずかしか存在しない細胞への適用は極めて困難でした。本研究により開発された手法は、胚発生や細胞分化の制御機構など生命現象を制御する分子機構の解明に極めて有用であるとともに、がん研究・再生医療などへの応用が広く期待されます。

本研究成果は、2018年12月10日(月)午後4時(英国時間)に英国科学雑誌「Nature Cell Biology」で公開される予定です。

詳細:http://www.jst.go.jp/pr/announce/20181211/index.html