細胞というものは、忙しく動く工場のようにスムーズなオペレーションを維持するため、たくさんの働き手を必要としています。メチルトランスフェラーゼ、別名MTaseとして知られている酵素のスーパーファミリーは、遺伝子発現の制御や、細胞産物の修飾、また、細胞をカスケードするシグナル調節をします。MTaseの構造は、正しく仕事を行うための適切なツールを備えており、科学者たちはその構造を理解することで、ツールの最適化や、新しいツールへの交換が可能になります。

  この度、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の研究者らは、「ロスマンフォールド」として知られる、最も巨大な分類のMTaseの重要な特徴の一つを明らかにしました。

  「ロスマンフォールドは、自然界でも非常に豊富にあり、多くの種類のタンパク質でも見られます。しかしこの酵素のどこが他と異なるのか、それこそが問題だったのです」と、パオラ・ラウリーノ准教授率いるタンパク質工学・進化ユニットのポスドクで、本研究の筆頭著者であるパヌ・プラタップ・チョハン博士は説明します。

 研究チームは、ロスマンMTaseの反応中心ループに存在し、機能上決定的に重要なある構造をピンポイントで特定しました。本研究成果は2018年11月8日付の Biochemistry 誌に掲載されました。

詳細:https://www.oist.jp/ja/news-center/news/2018/12/6/33374