徳島大学大学院医歯薬学研究部・予防環境栄養学分野と同大学院社会産業理工学研究部、京都府立医科大学感染病態学教室、日本フネン株式会社の共同研究グループは、紫外線発光ダイオード(UV-LED)照射が高病原性鳥インフルエンザを含めたA型インフルエンザウイルスの不活化に効果的であることを発見しました。また、UV-LED照射は感染細胞内でのウイルスRNAの転写と複製を抑制することで、インフルエンザウイルスの増幅を抑えていることを証明しました。この成果は10月29日に欧州光生物学会(European Society of Photobiology)発行の学術雑誌Journal of Photochemistry & Photobiology, B: Biologyにオンライン掲載されました。

【研究グループ】

  • 徳島大学 大学院医歯薬学研究部医学域 予防環境栄養学分野
    • 高橋 章教授、馬渡 一諭講師、上番増 喬助教、下畑 隆明助教
  • 徳島大学 大学院栄養生命科学教育部
    • 野中(西坂)理沙、山本 智実、児島 瑞基
  • 徳島大学 大学院社会産業理工学研究部理工学域 電気電子システム分野
    • 芥川 正武講師、榎本 崇宏講師
    • 中橋 睦美助教(現・徳島県立農林水産総合技術支援センター主任)
    • 木内 陽介顧問(現・徳島大学名誉教授、研究支援・産官学連携センター客員教授)
  • 日本フネン株式会社 研究開発部
    • 和田 敬宏、岡本 雅之、伊藤 浩、吉田 健一
  • 京都府立医科大学 感染病態学教室
    • 中屋 隆明教授、大道寺 智講師

詳細:http://www.tokushima-u.ac.jp/docs/2018121200023/