名古屋大学大学院理学研究科の 本間 道夫 教授、錦野 達郎 博士後期課程2年、大阪大学蛋白質研究所の 宮ノ入 洋平 准教授、長浜バイオ大学バイオサイエンス学部の 白井 剛 教授および土方 敦司 特任講師らの共同研究グループは、細菌が持つ運動器官であるべん毛モーターを構成するタンパク質の一つFliG 分子の構造動態を、核磁気共鳴法および分子動力学計算法を用いることで解明しました。FliG 分子は、車で例えるならクラッチを構成する部品のような役割をします。べん毛モーターは時計回りと反時計回りの両方向に回転し、回転方向を切り替える際に FliG の構造変化が生じると考えられています。本研究により、時計回り(CW)のときと反時計回り(CCW)のときとでは FliG の構造が異なることが示され、FliG が細菌の前進と後退を決定するために重要な役割を担っていることが明らかになりました。

 この知見をもとに、生物特有の回転方向制御機構が解き明かされれば、自在に分子モーターを制御する人工的なナノマシンを設計することができるようになり、医療や工生命設計など、様々な分野に応用できることが期待されます。

 本研究成果は、英国科学誌「Scientific Reports」において、2018 年 12 月 12 日午前 10 時(英国時間)にオンライン公開されます。

詳細:http://www.protein.osaka-u.ac.jp/wp-content/uploads/dlm_uploads/2018/12/Press-Release181213.pdf