【ポイント 】

  • 自然地震と室内実験地震の研究結果とを結びつけ,陸の下に沈み込んだ海洋性プレート(スラブ)内のマントル物質の含水化 の地域変化を捉えることに成功しました。
  • 水との関わりについて議論が続いていた,スラブマントル地震の発生 機構に水が関係する可能性を示 しました。

【概要】

国立研究開発法人建築研究所国際地震工学センターの北佐枝子主任研究員と,東京大学地震研究所 Thomas Ferrand博士は,地震の規模(マグニチュード)別頻度分布に由来するb値について,東北および北海道地方の下に沈み込む海洋性プレート内の地震と室内実験地震を世界で初めて定量的に比較検討しました。その結果,海洋性プレート内のスラブマントルと呼ばれる領域では,1)水が存在すること,2)地震の発生には岩石に含まれる含水鉱物が関係すること,を示しました。スラブマントル地震には不明な点が多く,その発生に水が必要か否かについてこれまで議論が続いてきました。本研究により,スラブマントル地震の発生過程の基本部分が明らかになりました。この成果は,11 月19日(イギリス 時間午前10時),英国Nature Publishing Group のオンライン科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

詳細:https://www.kenken.go.jp/japanese/information/information/press/2018/455.pdf