国立研究開発法人 産業技術総合研究所 創薬基盤研究部門 医薬品アッセイデバイス研究グループ 須丸 公雄 上級主任研究員、金森 敏幸 研究グループ長は、国立研究開発法人 理化学研究所 バイオリソース研究センター iPS細胞高次特性解析開発チーム 林 洋平 チームリーダー(2018年3月末まで国立大学法人 筑波大学 医学医療系 助教)、株式会社 片岡製作所、学校法人 名城大学理工学部電気電子工学科 堀田 一弘 教授、株式会社 iPSポータルとともに、光応答性ポリマーとレーザーを用いて、機械学習の一手法であるディープラーニング(深層学習)に基づき、培養細胞を高速に自動処理する技術を開発しました。

この技術は、今後見込まれるヒト由来細胞の大量活用のニーズに応えるべく、機械学習に基づく培養細胞種の判別・純化や細胞単層の切断・均一細分化などを自動で高速に行うもので、培養細胞の精密処理や品質管理の自動化により、創薬や再生医療に貢献することが期待されます。

詳細:https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2018/pr20181207/pr20181207.html