イオン交換反応は、イギリスで1850年頃、H.S.Thomson,T.Spence,J.T.Wayらにより、肥料中の硫酸アンモニウムを土壌に通すことによりアンモニア成分が除去され、代わりに硫酸カルシウムとして流出してきた現象を確認し、土壌中に存在する粘土がイオン交換体の主体であることを見出された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について