輪島バイオマス発電所(石川県輪島市)、トーヨー建設、トーヨーエネルギーソリューションのトーヨーホールディングスグループ3社が石川県輪島市で建設を進めていた「輪島バイオマス発電所」が完成し、2019年11月12日に火入れ式が開催されました。

石川県は、総面積の69%が森林で、その多くは50~60年前に植林され、現在利用に適した成熟期を迎えていますが、森林維持には欠かせない間伐などで生じた木材のうち、利用されているのは70%程度で、こうした背景から、同グループは間伐などの未利用材を有効活用する同発電所の建設を決めました。輪島バイオマス発電所の出力は1994kW(キロワット)で、一般家庭の約2500世帯分に相当する年間約1万6000MWh(メガワット時)の発電量を見込むとのことです。

詳細:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1811/27/news033.html