京都大学 ウイルス・再生医科学研究所の永樂 元次 教授および、奥田 覚 科学技術振興機構(JST)さきがけ専任研究者 らの研究グループは、目の丸い形の元となる「眼杯組織」の形態が作られる仕組みを解明しました。この発見は、今後の再生医療に必要となる、試験管内での複雑な組織・器官の作製に役立つとのことです。

詳細:https://www.jst.go.jp/pr/announce/20181122/index.html