広島大学 ナノデバイス・バイオ融合科学研究所の岩坂 正和 教授、山口大学 大学院創成科学研究科 工学系学域の浅田 裕法 教授らの研究チームは、これまで謎に包まれていた魚のウロコの強い輝きの説明に成功しました。

魚をキラキラさせる原因である非常に小さい鏡(グアニン結晶板)を磁場で操作することによって、メカニズムが解明されたとのことです。

詳細:https://www.jst.go.jp/pr/announce/20181119/index.html