序;

 筆者らは、“高効率フェントン法”(参照:三井造船技報、No.198 2009-10、p.34~38)に依る“還元法”[ 前報(st-db.com/archives/1308)他、既報に度々記載の ] にて、“蓚酸”の生成(※1)も確認している。

 [※1:山岸史弥、原口大輔、所千晴、村田逞詮、“高効率フェントン法によるCO2還元アルコール化における中間生成物の把握”、2013年、化学工学会、第78年会・要旨集]

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について