研究背景

 有限な石油に代わる資源から化成品原料を製造するためにバイオマス変換に関連する研究が盛んに行われています.実際木質系バイオマスから得られるグルコースから合成したイソソルビドをエンジニアリングプラスチックとして利用する製品などがあります.これまで研究対象とされてきたバイオマス由来の化合物は木質系バイオマスや天然油脂から得られる炭素,水素,酸素で構成される分子ばかりで,含窒素官能基を有するバイオマス資源を利用した例はほぼありません.

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について