1.研究の背景 

 近年、電子エネルギーバンド構造の位相幾何学(トポロジー)的な性質から、電子材料を区別し、新しい電子相を有する物質を探索する研究が、世界中で爆発的に行われています。特に、トポロジカル絶縁体と呼ばれる物質では、物質の表面やエッジなどの境界面において、無散逸なスピン流が現れることが知られています。この特性を利用することで、超低消費電力の電子デバイスや量子計算素子への応用が期待されています。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について