科学技術振興機構(JST)は、東北大学 金属材料研究所 塩見 雄毅 助教(現 東京大学 大学院工学系研究科 特任講師)とヤナ・ルスティコバ氏(大学院博士課程、日本学術振興会 特別研究員)、東北大学 材料科学高等研究所の齊藤 英治 教授(現 東京大学 大学院工学系研究科 物理工学専攻 教授 兼任)らは、原子核の自転運動であるスピンから生じたスピン流* を電圧として検出することに世界で初めて成功したことを発表しました。

JSTのプレスリリースによると、これにより、従来、金属中の伝導電子や強磁性体中のスピン波** が主な研究対象となっていた次世代エレクトロニクス・スピントロニクス***に、核スピンを取り入れる可能性が拓かれたそうです。

齊藤氏によると、これまで電子工学の分野では電流を大いに活用してきましたが、スピンは見過ごされており、スピン流を用いた電子部品が実現されれば、複雑な微細加工が必要だったものが、層構造をもつ物質一つで担うことが可能となり、スピン流はその進化とともに複雑化していくデバイスや素子に革新をもたらす存在となる可能性を大いに秘めているとのことです。

*電子の持つスピン角運動量の流れをスピン流と呼ぶ。電荷の流れである電流と対比される。

**スピンの集団運動であり、個々のスピンのコマ運動(歳差運動)が波となって伝わっていく現象。この現象を用いて情報を伝達できることが齊藤教授らにより示されている。

***電子の自転に由来した磁石の性質を意味する“スピン”と電子工学を意味する“エレクトロニクス”を組み合わせて生まれた言葉。

参照:https://www.jst.go.jp/pr/announce/20181023/index.html#YOUGO1