プレスリリースより抜粋します。

発表のポイント

  • 温和な条件下で鉄触媒を用い、安定な炭素-水素結合を一段階で炭素-炭素結合に変換する新たな手法の開発に成功した。
  • 二種類の異なる芳香族化合物を用いた本反応を用いることで、100%の選択率で効率よく有機エレクトロニクス材料を合成することが可能となった。
  • 環境に優しい鉄触媒の作用機構を明らかにし、貴金属触媒を用いない新しい化学反応を見出した。

発表概要

東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特任教授、Rui Shang特任講師らの研究グループは、ベンゼンなど炭化水素の構成要素である安定な炭素-水素結合を温和な条件下、鉄触媒によって一段階で炭素-炭素結合に変換する手法の開発に成功しました。本反応によれば、二種類の異なる芳香族化合物のクロスカップリングにおいて、100%の選択率で有機エレクトロニクス材料の効率的な合成が可能です。

持続可能な社会の実現に向けて、「ありふれた元素」を用いた有機合成触媒の開発が望まれており、本研究成果は地球上に大量に存在する鉄の触媒作用に関する重要な発見です。

本研究成果は環境に優しい鉄触媒の作用機構を明らかにしたものであり、環境負荷の高い金属触媒に頼る化学反応から脱却し、有用な有機化合物を効率よく提供することで人類の持続的発展を可能にすることが期待されます。

出典:http://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/info/6321/