プレスリリースより抜粋します。

発表のポイント:

  • 方向が変化する人工的な磁気刺激をヒトに与えたところ、その方向変化に対し選択的に応答する脳波を見出しました。
  • このことは、ヒトが地磁気感受性を潜在意識下で未だに有しているということに対する、具体的な証拠になります。
  • 本研究は、発見的な意義を持つばかりでなく、実験手法に新規性があり、ヒトの磁気感受性、意識、第 6 感に関心のある研究者にとってこの実験手法がひとつの指針になると考えられます。今後、ヒトの磁気感受性を証明する行動実験や潜在意識下から顕在意識下に上げる研究への展開が期待されます。

発表概要:

カリフォルニア工科大学のカーシュビンク教授、下條教授、東京大学の眞溪准教授らの国際共同研究チームは、地磁気強度で方向が変化する磁気刺激に対し生じる脳波を捉えることに世界で初めて成功しました。

ミツバチ、鮭、渡り鳥など、地磁気をナビゲーションに用いる動物は多数存在しますが、ヒトの磁気感受性はどうなっているのか明らかではありませんでした。そこで本研究グループは、電磁波シールド暗室内に地磁気強度で方向変化する磁界を生じさせる実験装置を作製し、ヒトを磁気刺激しながら頭表 64 箇所で脳波を計測しました。

その結果、方向選択的にアルファ波の事象関連脱同期が観察されました。ここで、アルファ波の事象関連脱同期とは、外部刺激(たとえば、視覚・聴覚刺激)が入ってきたときに、脳波のアルファ波成分(8-13Hz)の強度が低下する現象であり、外部刺激に応答した証拠のひとつとなります。

本研究はそれ自体発見的な意味を持ちますが、その実験手法も、同種の研究を行う研究者への今後の指針になることが期待されます。

本研究の詳細は、米国の科学雑誌 eNeuro にて、日本時間 2019 年 3 月 19 日(火)午前 2 時(米国東部夏時間 2019 年 3 月 18 日(月)午後 1 時)に、オンライン公開予定です。

出典:https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400111625.pdf