序;

 2価鉄イオン(Fe2+)は、通常、水(1/2モル)とその溶存酸素(1/4モル)で酸化され、3価鉄イオン(Fe3+)に変ずるが(式①)、そこに“酸化剤”、“過酸化水素”(H2O2)を存在させると、式②の“フェントン反応”に依り、“超短寿命”だが、強力な“酸化剤”(活性酸素)である“ヒドロキシ・ラジカル”(OHラジカル)が発生する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について